三原山の会

ルール・マナーを守って楽しい登山!

TEL.0848-62-8279

〒723-0017 三原市港町1-6-2(大鵬食堂)

しま山100選の大平山に登りました

しま山100選の大平山に登りました

尾道港から船で佐木島の須ノ上港にアプローチです。三原山の会の月例では初めてだと思います。

大平山

 

「しま山100選」まだ馴染みの無い言葉ですが、将来、シニアの登山家でブレイクするかも?

ネットで検索してみてください。ちょっとお節介な伝言です。

 

 

 

 

 

 

大平山沿面距離

一番高い突起が大平山(268m)、二番目が狗山(251m)です。

 

 

 

 

 

DSCN6940

尾道と瀬戸田を結ぶ旅客船。

途中で寄港するのは因島(重井港)と佐木島(須ノ上港)です。

 

 

 

 

 

DSCN69609時15分定刻に出港。船内は満員です。服装からサイクリストと観光目的と登山の3つに一目で大別できます。

 

 

 

 

 

 

DSCN6956自転車も運ばれています。小生の想像では、往路は瀬戸田まで船で行き、復路を自転車で尾道まで帰られる片道のサイクリングと勝手に思いました。

本格的なサイクリストは往路・復路ともしまなみ海道を走るのでは? 自転車ももう少しスポーツタイプではないかと思いました。

大事な愛車です。もう少し気を使ってほしいとどこからか聞こえてきました。

因みに瀬戸田までの大人の運賃1000円、自転車350円でした。

 

 

DSCN6969

布刈瀬戸にはたくさんの釣り船です。海老で鯛を釣っているのかな?昔は船で釣る機会もあったが、もう20年以上ご無沙汰です。釣り糸を手に当たりを待ち、タイミングを見計らって、シャクリ上げます。底から糸を引き上げる時が一番楽しい時です。魚の種類、大きさ等いろいろと想像します。上げて見たら海藻にガッカリした経験が多くあります。

 

 

 

 

 

DSCN6963海上からの鉢ケ峰。東の海上から見るのは初めてです。南からの三原港~佐木港~因島重井港のデッキから見る姿と少し違います。南からは登山道の傾斜が分かりにくいですが、東から見るとよく分かります。

 

 

 

 

 

DSCN6965「三原10名山」の東西横綱の2峰です。右が鉢ケ峰、左が筆影山・竜王山です。頂上から見える景観はどちらも素晴らしいです。

 


 

 

 

 

DSCN6971

鉢ケ峰の下を列車(お馴染みの黄色い車体)が走っています。JR山陽線で海の見えるポイントとして人気の区間です。

 

 

 

 

 

 

DSCN6978

船が南の方に進路を取っています。三原バイパスの上に聳える鉢ケ峰(標高430m)です。

 

 

 

 

 

 

DSCN6982

佐木島須ノ上港に到着です。約30分、船上から鉢ケ峰を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

DSCN6986

先ずはリーダーから諸連絡です。

8月の月例「白滝山・黒滝山」に比べ暑さは格段の差があります。秋を感じます。

 

 

 

 

 

DSCN6997

今日は登山道の整備もやります。登山道にはサルトリイバラが多くズボンやシャツを引っ掛けます。鎌や剪定バサミ等で刈り取りました。

 

 

 

 

 

 

DSCN6999佐木島の天然記念物の「モロ木」です。主幹が横方向に伸び。枝が縦方向に5本伸びています。

説明の看板が草の中です。「五観のモロ木」と読み取りました。

 

 

 

 

 

DSCN7024

木漏れ日の登山道。

 

 

 

 

 

 

DSCN7026

この2つの石、何かに見えませんか。

 

 

 

 

 

 

DSCN7029

展望所から弓削島の彼方に四国の山々が見えます。大きく括れて谷間から立ち上がっている山は寒風山・笹ヶ峰か?

 

 

 

 

 

 

DSCN7036山から降りて港までの道中に柘榴が色づいていました。ここにも秋が来ています。

 

 

 

 

 

 

DSCN7039

災害ゼロ、熱中症ゼロ全員元気に乗船です。

15時15分三原行の高速船で帰りました。

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です